プロフィール

follow hibikaiseikun at http://twitter.com

kaiseikun

Author:kaiseikun
Seasaaより引っ越し中です。

最近の記事
ブログ内検索
www.flickr.com
カテゴリー
リンク
4Tra

フィードメーター

人気ブログランキング - 日々快晴
ブロとも申請フォーム
フリーエリア2

Hotels
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
Wadialhusen Mosque(THAI Narathiwat Bacho Talomano)

 めずらしい高床木造のWadialhusen モスク。 マレー半島にはこの他に2棟の木造のモスクがある。95年の8月に,このタロマノ村に数日滞在させて頂き,建物の調査をしたときの写真です。

創建年代は,200-300年前と伝えられている。地元では, Masajid Talomanohと呼ばれている。(95年8月撮影)

この文献に詳しい,調査報告。

Bougas, W.A, 1992.
≪ Surau Aur : Patani’s Oldest Mosque ? ≫, Archipel, 43, pp. 89-112

写真はこちらのサイトにも。

http://archnet.org/lobby.tcl



“Wadialhusen Mosque(THAI Narathiwat Bacho Talomano)”の続きを読む>>
スポンサーサイト
Thai | 【2005-09-14(Wed) 17:42:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Thailand Narathiwat、Bacho Hajjah Maimunah Haji Thirさん宅

Thailand Narathiwat,BachoHajjah Maimunah Haji Thirさん宅

 分棟型の屋根構造をもち、中央には中庭を持つ高床建物。15人家族が住む家です。 写真の整理中に出てきたもので10年以上前に調査で撮影したものです。タイの南部のイスラム教徒が多く住む地域で、 この家の前にはモスクがありました。悲しいことに現在、この周辺では爆弾テロなどが多発しており、非常に危険な地域となっているようです。



“Thailand Narathiwat、Bacho Hajjah Maimunah Haji Thirさん宅”の続きを読む>>
Thai | 【2005-09-13(Tue) 01:41:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
タイフードフェスティバル2005京都

ele 京都の新風館でタイフードフェスティバルが開催されました。

9日の夜、19時過ぎに行きましたが、あいにくの天気で、客足はそれほどでもありませんでしたが、十数店舗が出店してました。タイの香りが新風館に漂ってました。

ちなみに、領事館ナンバーの車が、御池通の西行きに路駐してましたが....マイペンライ、なのでしょうか?。

日時:2005年7月9日(土)- 10日(日)11:00 - 21:00 時

在京タイ王国大使館

tahifoodfest



Thai | 【2005-07-10(Sun) 21:52:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ボートハウス

 03/12/31-04/01/02  アンコールワットに行きたかったが、飛行機がこんな時期なもので取れなくて急きょ、スコータイに変更し訪問。スコータイ周辺の遺跡巡りを2003/12/31と2004/1/1におこなった。事前に頼んでおいたガイドは英語の堪能な、Mさん。時間がなかったので非常に効率的に回ることができた。 ピサヌロークへは、バンコクから飛行機で約1時間ほど。着いたときは、早朝でどこか田舎の鉄道の駅に来たような雰囲気でした。thai2004-465

 ←これは、バンコクに戻るときの空港の写真です。現在では新ターミナルができたとか。ターミナルから飛行機までは徒歩です。

 到着の午後、半日のピッサヌローク市内観光と翌日、スコータイ周辺の遺跡巡りをしました。泊まったホテル:TheGrand Riversidehttp://www.tgrhotel.com/inside.html

ピッサヌローク県(Phitsanulok)ナーン川に浮かぶ家屋です。以前は、川をふさぐほどの数があったそうですがいまではごく僅かとなったようです。

Th-mapthai2004-452

thai2004-453

                                       

                           

 ピッサヌロークとはピッサヌ神(ヴィシュヌ)のローク(世界)と言う意味である。これはある言い伝えが元になっていると言われる。ある時チエンセーンの王はサモー山にブッダが来ている(史実上は来ていない)と聞いて、縁起なことだと考えそこへ都市(ムアン)を建設することにした。都市の建設の命を承った使者は、癸丑の月が3回目に満ちる最初の日の木曜日の朝にサモー山に到着した。ここでは聞いたとおりブッダが来ていたが、彼の弟子が2人死去していた。そこで、都市を建設すると時を同じく、彼を弔う祠を建てたという。さて、2人の使者は建設が終わると帰途に就いた。2人がチエンセーンに着いたのは最初の月が満ちる6日目朝日曜日のことだった。そこでチエンセーンの王は新都に行きブラフマーンに新都の名をどのようにすればよいかと問うた。するとブラフマーンは「ピッサヌ神がいまだ見ているうちに陛下が到着したのでピサヌロークとすればよい」と行ったそこでピッサヌロークと言う名前になったということである。 以上はあくまでおとぎ話に過ぎないが、実際にピッサヌロークはスコータイ王朝時代から主要都市として発達していた。またボーロマトライローカナート王の治世に一時アユタヤー王国の首都であり、タイ三大王の一人ナレースワン大王の故郷でもあった。



Thai | 【2005-07-04(Mon) 00:49:17】
Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。