FC2ブログ
プロフィール

follow hibikaiseikun at http://twitter.com

kaiseikun

Author:kaiseikun
Seasaaより引っ越し中です。

最近の記事
ブログ内検索
www.flickr.com
カテゴリー
リンク
4Tra

フィードメーター

人気ブログランキング - 日々快晴
ブロとも申請フォーム
フリーエリア2

Hotels
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
届け出わずか2件,全国的にも貴重な地域 旧田辺市

ここの市長さん曰く,↓なことを言ってますが, 合併前で面倒な調査をしたくなかったんではないでしょうか?

  田辺市は、平成17年5月1日に5つの市町村(田辺市、龍神村、 中辺路町、大塔村、本宮町)が合併して新たに誕生しました。当市は、紀伊半島の南西側、和歌山県の南部に位置しており、 古くから紀南地方の交通の要衝として栄え、美しい海、山、川の大自然をはじめ、世界遺産に登録された「熊野古道」や 「熊野本宮大社」に代表される古い歴史や文化、日本三美人の湯で知られる「龍神温泉」や、日本最古の湯といわれる「湯の峰温泉」 など、人々の心と身体を癒す豊かな自然やたくさんの地域資源を有しています。このように恵まれた環境のもと、 『自然と歴史を生かした新地方都市の創造』を新しいまちの将来像として、 その実現に向けて精一杯取り組みを進めてまいりたいと考えています。

 

 

届け出わずか2件 埋蔵文化財包蔵地の開発
チェックが甘い? 考古学関係者が指摘
全国的にも貴重な地域 旧田辺市
【2005年10月21日付掲載記事】
 

 




 周知の埋蔵文化財包蔵地内で土木工事などを行う場合、文化財保護法で公共、個人とも県に届ける義務があるが、 旧田辺市の2004年度の届け出はわずか2件。県内で埋蔵文化財専門職員を配置している11市町村の中で、那智勝浦町(1件) に次いで少ないことが分かった。考古学関係者からは「開発へのチェックが甘いのでは」と指摘する声もある。  埋蔵文化財専門職員を置く市町村の04年度届け出件数は、 和歌山市の96件が最も多く、次いで海南市の42件。岩出町が33件あった。このほか、高野町30件、打田町25件、御坊市23件、 吉備町19件、橋本市17件の順。有田市は田辺市と同じ2件だった。田辺市は専門職員のいない新宮市(10件)や貴志川町(7件)、 旧かつらぎ町(6件)などよりも少なかった。 県埋蔵文化財包蔵地所在地図によると、旧田辺市内の包蔵地は182遺跡 (合併後281遺跡)で、県内では和歌山市の421遺跡に次いで多い。国の史跡に指定されている磯間岩陰遺跡(湊)や三栖廃寺塔跡 (下三栖)、高山寺貝塚(稲成町)などがあり、全国的に見ても貴重な地域であることが分かる。3番目に多いのは橋本市の90遺跡。  県文化遺産課は「田辺市の土地柄と規模を考えると少なすぎる。担当者会議で、どのような届け出が必要かを毎回指導している。 今後も適切な指導をしていきたい」と話している。 日本考古学協会埋蔵文化財保護対策委員会全国委員の小賀直樹さん(有田市)は 「田辺市のこの数字は少ない気がする。市教委と建設部局との協議ができていないのでは」と指摘する。 一方、田辺市教育委員会は 「都市計画内でしか報告が上がってこないため、昨年度、把握できたのは2件だけだった。本年度はこれまでに6件届けが出ている。 合併で地域も広くなったことから、今後、全体に網を掛けられるシステムをつくりたい」と話している。

【県内でも遺跡の多い田辺市 (三栖廃寺塔跡で)】

スポンサーサイト
遺跡・文化財 | 【2005-10-20(Thu) 21:05:58】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。