プロフィール

follow hibikaiseikun at http://twitter.com

kaiseikun

Author:kaiseikun
Seasaaより引っ越し中です。

最近の記事
ブログ内検索
www.flickr.com
カテゴリー
リンク
4Tra

フィードメーター

人気ブログランキング - 日々快晴
ブロとも申請フォーム
フリーエリア2

Hotels
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
Google Earthで古代ローマの新遺跡を発見

それほど解像度高かったですかね?

 

引用http://x51.org/x/05/09/1919.php

roman_structure_google.jpgGoogle Earthで古代ローマの新遺跡を発見

【Nature】イタリアにて、プログラマーがネット上でGoogle MapGoogle Earthのサービスを使っている最中に、古代ローマの新遺跡を発見したとのこと。発見者のルカ・ モリ氏は、最初同サービスでパルマからほど近い自宅のソルボロ周辺地域を眺めていたところ、 全長500m以上の巨大な楕円形の影を発見。それは曲がりくねった古代の川の跡だった。そうした古い水流跡は、 その周辺地盤よりも、空気中からより多くの水分を吸収するために目に見える痕跡が残るという。

更にモリ氏は、その側にある長方形の影に目を奪われた。そして画像を分析していくうち、 それが地面に埋没した人工物であることを確信、最終的に住居の中庭であることを突き止めたのである。

その後、モリ氏はパルマ考古学博物館の専門家や考古学者らに連絡を取り、 それが遺跡であることが実際に確認されたと自身のブログ"QuelliDellaBassa"に記している。また当初、 それは青銅器時代の遺跡であると推測されたものの、調査の結果、陶器が出土した為、 ローマ時代の住居跡であることが判明したという。

「モリ氏の調査方法はそのアプローチにおいて非常に興味深いものです。」パルマ博物館の考古学者マニュエラ・カタルシ・ ダラグリオ氏はそう語っている。マニュエラ氏によれば、発見された住居跡は、以前、鉄道建設中に発見され、 発掘が進められているCannetolo di Fontanellato遺跡の住居に類似したものである可能性が高いという。 「今後の科学的、考古学的調査によって明らかになるでしょう。」また地元自治体は今後、 この遺跡の発掘を何より最優先することになるはずであると氏は語っている。

【参考】Google Maps - 44.881722,10.423450: 発見された遺跡付近の衛星写真




原文引用:http://www.nature.com/news/2005/050912/full/050912-6.html

Published online: 14 September 2005; | doi:10.1038/news050912-6

Enthusiast uses Google to reveal Roman ruins

Google Earth programme leads to remains of ancient villa.

Declan Butler

 



Analysis of a Google map led to the discovery of a Roman villa like this one in Parma, Italy.

c Cultural Ministry Emilia Romagna
Using satellite images from Google Maps and Google Earth, an Italian computer programmer has stumbled upon the remains of an ancient villa. Luca Mori was studying maps of the region around his town of Sorbolo, near Parma, when he noticed a prominent, oval, shaded form more than 500 metres long. It was the meander of an ancient river, visible because former watercourses absorb different amounts of moisture from the air than their surroundings do.

His eye was caught by unusual 'rectangular shadows' nearby. Curious, he analysed the image further, and concluded that the lines must represent a buried structure of human origin. Eventually, he traced out what looked like the inner courtyards of a villa.

Mori, who describes the finding on his blog, Quelli Della Bassa, contacted archaeologists, including experts at the National Archaeological Museum of Parma. They confirmed the find. At first it was thought to be a Bronze Age village, but an inspection of the site turned up ceramic pieces that indicated it was a Roman villa.

"Mori's research is interesting in its approach," says Manuela Catarsi Dall'Aglio, an archaeologist at the National Archaeological Museum of Parma. He says the find may be similar to a villa the museum is currently excavating at Cannetolo di Fontanellato, which was found during the construction of a high-speed rail network. "Only a scientific, archeological dig will tell," he adds.

The local authorities will have to approve any archaeological digs before they can take place.

 

スポンサーサイト
遺跡・文化財 | 【2005-09-21(Wed) 00:51:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。